クワカブ文庫

プレ企画継続中・ノコも放出!!

ミニミニプレ企画継続中です。

とりあえず一名の方に当選をだしました。

残りあと一名です。

応募が少ないのでチャンスですよ。

カブトムシのコンディションが悪くなったので変わりに栃木県産ノコギリクワガタを放出致します。

詳細は別館ブログへ。ここね。↓

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/nekobunko/diary/200508290000/
[PR]
# by kuwadarake | 2005-08-29 23:13 | クワカブ

ミニミニプレ企画ご応募お待ちしております!!

地味な企画のせいかご応募がありませんでしたが、ようやく一名の方より応募を頂きました。

今ならチャンスですよ。

ぜひぜひ!!ご応募を!!!

ここね。↓
http://plaza.rakuten.co.jp/nekobunko/diary/200508230000/
[PR]
# by kuwadarake | 2005-08-25 23:37 | クワカブ

ミニミニプレ企画開催中!!

只今、別館サイトにて『ミニミニプレ企画』を開催中です!!

賞品は栃木県産ミヤマクワガタです。

ぜひぜひ!覗いて見てくださいね!!


ここね。↓

http://plaza.rakuten.co.jp/nekobunko
[PR]
# by kuwadarake | 2005-08-23 22:07 | クワカブ

国産ネブトクワガタ離島編その1

今回は国産ネブトクワガタを取り上げてみます。
今回もきっちゃさんに標本写真を送っていただきました。
きっちゃさんいつもありがとう!!

日本のネブトクワガタの多くは中国大陸や台湾に生息するラエビコリスネブトクワガタの仲間です。
南西諸島を中心に多くの亜種が生息しており現在11亜種が記載されています。
小笠原諸島には別種オガサワラネブトクワガタが生息しており2亜種が記載されています。
つまり日本には2種13亜種のネブトクワガタが生息していることになります。

今日はこのうちのアマミネブトクワガタ・オキノエラブネブトクワガタ・ヤエヤマネブトクワガタをご紹介します。




c0032905_18104333.jpg

◆アマミネブトクワガタ
 Aegus laevicollis tauruius Didier 1928
 ♂:15.0~36.3mm
 ♀:15.0~20.0mm
 生息地:奄美大島・徳之島・加計呂麻島・請島・与路島
 ♂♀ともに黒褐色~黒色。
 日本産のネブトクワガタの中でももっとも大型化する。
 大型の個体では頭部オオアゴの基部に一対の突起が明瞭に出現する。
 国産ネブトの中では飼育は容易な方で大型化する。
 


c0032905_1824422.jpg

◆オキノエラブネブトクワガタ
 Aegus laevicollis tamanukii Ichikawa et Imanisi 1976
 ♂15.0~33.2mm
 ♀15.0~18.0mm
 生息地:沖永良部島
 ♂♀ともに暗褐色~黒褐色。
 アマミネブトに似るがオオアゴがやや発達し湾曲が弱い。
 頭部の突起が出現する傾向にある。
 体色は赤みを帯びる個体が多い。
 飼育は容易な方でWILDギネスを越えてくる。



c0032905_18313651.jpg

◆ヤエヤマネブトクワガタ
 Aegusu laevicollis isigakiensis Nomura 1960
 ♂16.0~33.0mm
 ♀15.0~18.0mm
 生息地:石垣島・西表島。
 ♂♀ともに暗褐色~黒褐色。
 体の幅が広く、オオアゴの先端がやや鋭くなる。
 ヨナグニネブトクワガタに似る(特に西表島産)がオオアゴの先端が鋭くなく、
 頭部・胸部の点刻が多い。
 飼育で大型を羽化させるのは難しい。
 ヤエヤマとヨナクニは以北の島々に生息する他亜種とは形態的にかなり異なっている。


標本のサイズはいずれも約30.0mmでほぼ揃っているので比較しやすいと思う。
今回紹介した3亜種でも、アマミ・オキノエラブとヤエヤマは同じラエビコリスの亜種ではあるが形態的にはかなり違っているなど、日本産ネブトも細かく検証していくと色々と面白いことが見えてくる。
ネブトクワガタは標本による比較や飼育による発現形態的な差異の検証など色々と楽しめるクワガタです。
飼育方法も完全に確立されているわけではなくチャレンジのしがいが大いにあると思います。
皆さんも、ぜひぜひ、ネブトクワガタに嵌ってみて下さいね。
 
 
[PR]
# by kuwadarake | 2005-02-28 18:59 | クワカブ

チャイロマルバネクワガタ

昨日、管理人の別館、NEKODARAKE文庫の方でチャマル(チャイロマルバネクワガタの略称)を取り上げたところ大きな反響を頂きました。
しかし、残念なことに管理人はチャマルの生体・標本いずれも所持してなく、その為に図示することができませんでした。
そこで、クワ友のきっちゃさんに御願いしたところこころよく標本の写真を貸し出して頂きましたので紹介してみたいと思います。



c0032905_23492378.jpg

石垣島産・写真左より♂♂♀:体長はいずれも27.0mm



c0032905_235351.jpg

チャマル♀:グラマーですね。



c0032905_2356181.jpg

チャマル♂:意外とシャープな体型で色鮮やかな虫です。



c0032905_23565940.jpg

チャマル♂を横から撮影したもの、大アゴの感じが良く分かると思う。
[PR]
# by kuwadarake | 2005-01-30 23:58 | クワカブ

ルリクワガタ(原名亜種)その2

2004年8月31日になって産卵木を割ってみた。


c0032905_1553334.jpg

少し見にくいかも知れないが産卵木のほぼ中央に幼虫が見えている。
結局この産卵木から6頭の幼虫を割り出すことができた。
もう一つのセットからは産卵マークはあったものの幼虫はいなかった。
自然な状態でも産卵マークはあっても幼虫がいないことがある。
材の状態を確かめているのではとも言われているが、産卵をしたものの孵化しなかったのか何かの理由でダミーのマークをつけているのか、まだ、確かなことは分かっていない。

ともかく生まれて初めて採集したルリクワガタ(原名亜種)をセットして少数と言えども幼虫が得られたのは嬉しいことである。

これもみな、ルリについて色々教えて頂いた、ビーフォーさん&おうごにくんさんのおかげである。
お二方のサイトもぜひ訪ねてみて欲しい。

ビーフォーの趣味の国産クワガタ

おうごにくんち


6頭の幼虫は現地材を微粒子にしたマットにて順調に育っている。
常温で飼育しているが温度が下がるにつれて蛹室のような部屋をつくり脱糞しおそらく不凍液のようなものを体内にためて越冬中である。
温度上昇とともに初夏に羽化するのかそれとも夏を越して秋に羽化するのか大変に興味深い。


★になった個体を標本用に乾燥させていたのだが鮮やかなグリーンの体色がブルーになってしまった。
酢酸エチル等で〆る場合変色することが知られているが自然に★になったものも変色するとは思わなかった。

c0032905_1526964.jpg


c0032905_1526319.jpg

変色してブルーになってしまった個体。

c0032905_15281151.jpg

生前の個体。
上記のものと色を比べて欲しい。
ルリは割り出した直後が一番色鮮やかに思える。
記録研究のためには標本作成は欠かせないのだが体色の変化についてはいまのところ有効な手立てはないようだ。
現在、ビーフォーさんがデジタル情報として記録していくことを模索されている。

飼育に関しては以外に易しいように感じた。
飼育経験を積んで安定して飼育できるようにしていきたい。

皆さんも日本が誇る彩虫、「ルリクワガタ属」に嵌ってみてはいかがですか。
また、別館NEKODARAKE文庫ではチャイロマルバネクワガタを取り上げていますのでぜひ飛んでみてください。
[PR]
# by kuwadarake | 2005-01-29 15:36 | クワカブ

ルリクワガタ(原名亜種)

今日はルリクワガタ(原名亜種)のお話です。

ルリクワガタ(原名亜種)は本州・四国・九州(島原半島を除く。島原半島は亜種ウンゼンルリクワガタの生息地。)に生息する高地性の小型種です。ルリクワガタ属は4種8亜種に分類されていて、この原名亜種ルリクワガタを「ただルリ」なんて言ったりします。高地性と考えられていますが、以外に標高の低い場所でも採集されているので環境さえ合えば生息できるようです。
採集してみると分かるのですがかなり過酷な環境に生息しており環境の変化への適応力が優れているようです。

2004年4月に成虫・幼虫を数頭採集することができたので飼育・観察報告風にまとめてみました。

c0032905_17533124.jpg

広葉樹の立ち枯れにつけられたルリクワガタの産卵マーク



c0032905_175552.jpg

鮮やかグリーンの♂個体。
ルリクワガタは日本が誇る彩虫。



c0032905_17574092.jpg

青みの強い個体。
同じ生息地でもこのように色彩に変異がみられる。



c0032905_1810836.jpg

グリーン系♂と銅色♀のペアをオオクワの産卵木の割りかすと餌のリンゴを入れてセットしてみた。
数日後に交尾を確認。
リンゴを齧る♀と交尾していたのだが撮影しようとしたところ離れてしまった。
ルリの生体は未知の部分が多いが飼育下ではこのように採餌し餌場にて交尾する。



c0032905_18185240.jpg

餌の周りを徘徊する♂。グリーン系ですが色虫は撮影が難しくなかなか実際の体色を再現できません。
ケース内で盛んに飛翔する。



c0032905_18281937.jpg

産卵中の♀。
セットからおよそ一ヵ月後に産卵を確認。
黒っぽく見えますがこれも撮影の加減で銅色の♀です。



c0032905_1830288.jpg

少し見にくいかもしれないが産卵マークを刻んでいる。


続く
[PR]
# by kuwadarake | 2005-01-21 18:33 | クワカブ

ツヤハダクワガタ(原名亜種)

今日はツヤハダクワガタ(原名亜種)をとりあげてみます。
前回のミヤマツヤハダクワガタのようにびしっと決まった展足標本の写真がないので生体の写真でご紹介します。

ツヤハダクワガタ(原名亜種)は関東地方北部から東北・北海道にかけて生息しています。
群馬県の南西部にミヤマツヤハダクワガタとの分布境界線があり、境界線付近では両亜種の中間形質を持つ個体が見られ移行帯を形成しているそうである。このことについては村山聡則氏『群馬県におけるツヤハダクワガタの亜種間分布境界について』(月刊むし No328  p.2~p.7 むし社刊)に詳しいのでぜひ参照してください。

新潟県内の分布状況(ミヤマツヤハダとの境界)や栃木県の南西部にミヤマツヤハダは生息しているのか等まだまだ興味はつきません。



c0032905_2311919.jpg

ツヤハダクワガタ[原名亜種]♂蛹。
残念ながら羽化しなかった。



c0032905_22545182.jpg

ツヤハダクワガタ[原名亜種]♂(栃木県産:幼虫を採集して羽化させたもの)
約17mmの個体。20mmが一つの壁となる。また採集の際圧倒的に幼虫が多く成虫の採集は意外と難しい。成虫が多く入っているいわゆる当たり材には残念ながら遭遇したことが無い。



c0032905_2332371.jpg

飛翔しようとする♂。
以外に飛ぶようだ。



c0032905_2345956.jpg

別の角度より見る♂。



c0032905_2355520.jpg

ツヤハダクワガタ[原名亜種]♀(栃木県産:幼虫で採集し羽化させたもの)
♂♀を問わずすぐに噛み付いてくる。
以外に好戦的だ。


写真の個体たちは現在休眠中である。無事に越冬したらブリードするつもり。
赤枯れ材を赤枯れマットで埋め込んだセットで採卵できるそうです。
クワ友の朱雀君がミヤマツヤハダクワガタで採卵に成功している。飼育記を参考にして欲しい。

朱雀のクワガタ採集記


現在、外国産のクワガタや国産の大型種が人気だがツヤハダクワガタもそれらに劣らず魅力的なクワガタムシである。
みなさんもツヤハダに嵌ってみてはいかがですか??
[PR]
# by kuwadarake | 2005-01-17 23:27 | クワカブ

ミヤマツヤハダクワガタ

みなさまはじめまして。
管理人のkuwadarakeです。
この度新しくサイトを開くことにしました。
こちらの大きな絵が貼れるという特性を活かしたサイトにしていきたいと思います。

と言うことで今日はミヤマツヤハダクワガタを取り上げて見ます。

ツヤハダクワガタは原名亜種ツヤハダクワガタ、ミヤマツヤハダクワガタ(中部~紀伊半島亜種)、ミナミツヤハダクワガタ(四国~九州亜種)の三つの亜種に分けられておりミヤマツヤハダクワガタはそのうちの一つです。
さらにミヤマツヤハダクワガタは山梨型・長野型・静岡~紀伊半島型の三つの型に分けられています。
それでは標本の写真を見ていきましょう。

c0032905_1883045.jpg

ミヤマツヤハダクワガタ山梨型
♂20.4mm:長野県八ヶ岳山塊産

c0032905_1895254.jpg

ミヤマツヤハダクワガタ長野型
♂20.0:岐阜県飛騨高地産

c0032905_1811887.jpg

ミヤマツヤハダクワガタ静岡~紀伊半島型
♂20.5mm:長野県伊那山地産

標本の写真はクワ友のきっちゃさんにお借りしたものです。
ほぼ同サイズの個体で展足もばっちり決まっているので比較がしやすいのではないでしょうか。
ぜひ、じっくりと観察してくださいね。

きっちゃさんも指摘されておりましたが長野型と静岡~紀伊半島型は似ているのでラベルがないと判別が難しいように思います。

このあたりのことは土屋利行氏『ミヤマツヤハダクワガタの再検討』(月刊むし No.350  p.18~p.23  むし社刊)に詳しいのでぜひ参照してください。
土屋氏は長野型と静岡~紀伊半島型を統合して基本型とし山梨型はフォッサマグナ型としてはと提唱されています。

ミヤマツヤハダクワガタは生息地も広く個体及び個体群の変異も大きく興味の尽きないクワガタだと思います。
kuwadarakeは残念ながら原名亜種ツヤハダクワガタしか採集経験が無いので今年はぜひともミヤマツヤハダクワガタを採集してみたいものです。
[PR]
# by kuwadarake | 2005-01-14 18:24 | クワカブ



クワガタムシやカブトムシを中心に四季折々の画像を紹介していきます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
kBj4cZMsいいです..
from kBj4cZMs大乱交スマッ..
sQcGhZ5Rいやマヂ..
from sQcGhZ5Rくれくれ厨
9Z19VcORディープ..
from 9Z19VcORハメ次郎
ewnG1K55俺の女神様w
from ewnG1K55不死鳥
p2N4rov4助かりま..
from p2N4rov4猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
kinky story ..
from kinky story
petite teen ..
from petite teen sex
board bi adult
from board bi
honeymoon li..
from honeymoon ling..
------------..
from --------------..
master bonda..
from master bondage..
big ass adult
from big ass
forced daugh..
from forced daughter
shitting vid..
from shitting video
bi kontakt a..
from bi kontakt
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧